媚薬と聞くだけで胡散臭いと感じる人も少なくないかもしれません。ただ実際の媚薬のことを知らないともったいないです。そんな媚薬について解説していきたいと思います。

  • ホーム
  • 媚薬の副作用で皮膚疾患がでる

媚薬の副作用で皮膚疾患がでる

媚薬などの成分で皮膚疾患が出る場合には、副作用やアレルギーの可能性が高いので、使用を中止するだけで症状が収まります。
錠剤の場合は、卵白などの成分が含まれていることが多いので、卵アレルギーの人は蕁麻疹などが起きることもあります。
媚薬は飲むタイプのものは、漢方製剤や朝鮮人参などが主成分のことがあります。
これらは副作用の頻度は低いのですが、胃の不快感や下痢を起こすこともあります。
体調をくずしてしまうとせっかくの媚薬も意味がなくなるので、あまり無理をして飲ませないようにしなければなりません。
一番安全な媚薬としてはオキシトシンスプレーがありますが、これは効果を実感しにくいので、オキシトシンだけに頼るのではなく、会話や食事のマナーなどを完璧にしてから、頼るのが一番良い方法です。
またカフェインなどにも女性を興奮させる覚醒作用があるので、無理をして媚薬を使わなくても、アルコールとコーヒーを飲むだけで、十分に性欲を高めることができます。
おオキシトシンはアメリカなどでも研究が進められていて、人と接するのが難しい自閉症の治療薬としても販売されています。
人間関係を円滑にできるオキシトシンですが、意中の女性のお気に入りの男性になるために一番大切なのは、コミュニケーションスキルなので、媚薬だけに頼ってデートを成功させるのは難易度が非常に高くなります。
薬を服用した直後に皮膚疾患が出る場合には、アルコールなどを飲むのをやめて、掻かないようにすることが大切で、痒いからといって皮膚を爪などでこすってしまうと、ヒスタミンが分泌されるのでよけいに痒くなります。
蕁麻疹は抗アレルギー薬を服用するだけで回復するので、病院を受診すればその日のうちに回復します。